消費者金融で借り入れるときの注意点

お金を借入れしたいときにすぐに思いつくのが消費者金融ですね。消費者金融は来店不要で誰にも知られずに借り入れができるので人気があります。借入方法もパソコンやスマホ、携帯電話、郵送、自動契約機、フリーダイヤルなど様々です。もちろん来店での申し込みもできます。自分にとって一番都合のいい借入方法を選ぶことができるので助かります。

 

ただ、消費者金融で借り入れをする時は注意が必要です。中には登録していないヤミ金もあるからです。貸金業者として登録していても悪徳業者もあるので安易に借入をするのは禁物です。できれば大手消費者金融か中堅の実績のある消費者金融を選ぶのがいいですね。もし規模の小さな消費者金融から借入をする場合は信頼できる業者かどうかきちんと確かめてください。ホームページだけで判断せずに実際に店舗があるか確認できたら一番いいです。

 

また、消費者金融は銀行カードローンと比べると金利が高めなので、あらかじめ返済シミュレーションをして返済できる範囲内で借入れるようにしてください。消費者金融の中には無利息期間のあるところもあるのでそのようなサービスを利用すれば返済負担を軽くできます。ただ、無利息期間のあるカードローンを利用するときは無利息期間内に返済できるか短期で返済できる場合に利用するとお得感があります。また、期間限定のキャンペーンで無利息期間のあるカードローンを販売する場合がありますが、キャンペーン中は審査もいくらか緩くなるというメリットもあるので、ねらい目です。

 

消費者金融から借入るときに注意したいのは、消費者金融は総量規制の対象なので借入できる金額に制限があるということです。年収の3分の1までしか借り入れができません。また、1社からの借り入れが50万円を超えるか他社と合わせた借入額が100万円を超える場合は収入証明書の提出が必要になります。専業主婦が消費者金融で借りるときには、配偶者の同意書と婚姻関係を証明できる住民票などの書類の提出が必要になります。前もって準備しておいてくださいね。配偶者の同意書は消費者金融で準備していることが多いので申し込みの際に受け取ってください。

 

消費者金融で借り入れるメリットは多いですが、借り入れの際提出書類が多いなどちょっと面倒なこともあります。メリットとデメリットをよく比較したうえで、信頼できる業者から借り入れるようにしてください。

考える女性