借り入れたお金を返せなくなったら

お金の借り入れというのは気が引けるものですが、背に腹は代えられないというときがありますね。どうしても必要で必ず返すつもりで借入をしますが、その後思わぬ事態が発生して借入れたお金を返済できなくなるということもあります。そんな時はどうしたらいいでしょうか?

 

まず、今月の返済がどうにもできそうにないと思ったらすぐに借入先の銀行や消費者金融に連絡してください。どうして返済ができなくなったか事情を説明してください。今後も返済ができそうにないなら、借入金の返済計画を変えてもらうようにお願いすることができます。もちろん、ただ「借り入れたお金を返せなくなりました」では、納得してもらえませんから、今後どのようなペースなら返済可能なのかなど具体的な計画を話してください。また、今月だけ返済が難しく来月からはいつもどおり返済していけるならその旨伝えてください。一番いけないのは借り入れ先に連絡しないで、返済しないことです。返済したいという誠意を示せば返済計画を調整してもらえる可能性は高くなるので、すぐに連絡しましょう。

 

もし、借り入れたお金を返済しないで放置しておくと督促状が届くようになります。数回届いた時点で返済がどうしてもできないと感じるなら個人再生という手続きをすることができます。これは裁判所を通して行いますが、返済額が減らされて原則3年以内に返済するというものです。返済は引き続きしなくてはなりませんが、住宅を手放す必要はなく返済負担も減らされるので、この方法をとる方も多いです。もし、もっと事態が深刻な場合は自己破産という方法があります。これは、借金がすべてなくなるので一から出直すのに最もいい方法です。ただし、住宅や高価な所有物は手放さなければなりません。自己破産と聞くと抵抗を感じる方も多いようですが、無理に返そうとしてさらに借入を重ねて多重債務に陥るよりはずっといい方法だと思います。

 

もちろん借り入れたお金は全額返すのが当然のことですが、思わぬ事態に陥ってどうしても返済ができなくなってしまったときで、も切り抜ける方法はあるので、まずは消費生活センターや弁護士に相談してみてください。

 

弁護士